かりんとうblog

タグ:旅 ( 59 ) タグの人気記事

雪嶽山 五色薬水と十二瀑布

韓国では湧き水の類を薬水(약수【ヤクス】)と呼んで、あちこちにある。
延大の裏山にもあったけど砂っぽい味でおいしくなかった。

岩盤の裂け目から水が滲み出ている。

b0054886_092179.jpgb0054886_095315.jpg


ここの薬水は炭酸泉。
温泉集落近くにもあるんだけど、1時間弱登ると
炭酸ではなく鉄分の多い薬水が湧いてた。
ペットボトルに入れて帰ったら、下宿に着くころには濁ってました。

偶然、新村で下宿をやってるおばさん連中に会って、ちゃっかり宣伝されちゃいました。

b0054886_23265253.jpg






更に1時間半ほど登ると
十二瀑布という連続した滝が。

写真は滝の上から。

確かにひとり旅では
ここまでは登らなかったと思います。
本当に旅の仲間というのはありがたいものです。
だけど韓国にいると、人恋しくて一人映画どころか
一人旅もできなくなる。

[PR]
by gongduck | 2005-06-04 01:30 | 韓国 여기저기

雪嶽山 五色

雪嶽山南麓に所在する五色温泉。
温泉のくせして、入浴は5時まで。
入れませんでした。。。

温泉もあるにはあるんだけど、何か日本とは温泉への想いが違うんだよな。
湯治って概念もないのかな。

こういう風景って日本にはない気がする。

b0054886_22444263.jpg

雪嶽山と違って人は多くないし、景色はいいしでよかった。

b0054886_22563618.jpg

避暑地らしかったけど、賑わうには少し時期が早かったようで、
民泊に泊って自炊しました。
6月というのに夜は寒くてオンドル入ってましたね。

b0054886_22514087.jpg

ここはお勧めです
[PR]
by gongduck | 2005-06-04 00:30 | 韓国 여기저기

雪嶽山 蔚山바위

바위【パウィ】は「岩」の意

高所恐怖症の友人は下でお留守番。

b0054886_16432626.jpg
フリークライミングで向こうの岩に登ってる人たちがいました。
韓国の山って岩がちで、低い山でも登り方によっては、
十分難しいトレーニングになる気がする。

b0054886_1656255.jpg

何故蔚山かは、同じ下宿にいた蔚山出身の高麗大生に聞いたけど、思い出せませぬ。

こんな道を登りました。
b0054886_16572994.jpg

子どもが泣き叫んで動けなくなった家族がいたりして、、、
[PR]
by gongduck | 2005-06-03 01:03 | 韓国 여기저기

雪嶽山 흔들바위

秀吉の文禄・慶長の役時にも使われた権金城へのロープウェイが
工事中ということで蔚山바위へ向かった。

蔚山바위の麓に小さな寺院がある。

흔들바위【フンドゥルパウィ】 「揺れる岩」の意
b0054886_1644144.jpg
結構登りました。
更に背後に見えてる岩にも登るわけですが。。。
旅の道連れとはいいもんです。
ひとり旅ではここまで粘れません。

肝心の흔들바위【フンドゥルパウィ】というのは
丸っこい大きな岩が押してみるとグラグラするというもの。
b0054886_1682380.jpg
子どもが動かして喜んでます。

ここは昔っから観光地だったようで、
李氏朝鮮時代、中央から派遣される観察史の名前が彼方此方に彫り込んである。

b0054886_16265982.jpg

文献と照らし合わせても面白いやろうな。
[PR]
by gongduck | 2005-06-03 00:52 | 韓国 여기저기

洛山寺

江原道は束草から江陵へ向かう途中にある。
そばに広いビーチがあって、
よく韓国ドラマや映画の海辺で戯れてる場面はここだと思う。

2,3ヶ月前、この辺りが大火事で中々鎮火しないというニュースがやってた気がする。
政府も特別補助金を決めたとか。

創建は新羅時代までさかのぼる。
しかし当時のものは、石塔と壁の一部だけ。
壁はどの部分がそうなのかよく分かりませんでした。

b0054886_15362893.jpg


日本海(東海?)に面する東海岸は山がちで、
どうしても西海岸に比べて開けていない。
96年の北朝鮮潜水艦の座礁事件も江陵から南に行ったところで起こった。
従って?、港や海水浴場でない海岸線には鉄条網が走っている。

この洛山寺の海岸も同様で
鉄条網の下に賽の河原のように石が積んであって、
最初、電柱とかに付いてる白い絶縁体のように見えて怖かった。
電流が流れてるのかと。

b0054886_1549011.jpg

[PR]
by gongduck | 2005-06-02 22:31 | 韓国 여기저기

江陵 端午祭 ムダン

民間信仰のシャーマンである무당【ムダン】

本では読んだことはあったけど、まだ残ってるとは思わなかった。
もちろん初めて会った。
一昔前の民族調査の報告書にはモノクロの写真で記載されてたりはする。

b0054886_14504442.jpg

お札を書いているところ。
相手の顔を見ながら、文字?も違う。
僕も書いてもらいました。
前に座ると妙に緊張してしまい、

「どこも悪くないわね。」

らしきことを言われて、「はい。」と答えてしまったものの、
悪いところはなくもない。。。
そして日本人だとはばれなかった。(友人はばれたけど)

b0054886_153367.jpg

こんなのが残っているのは、やはり江原道。
[PR]
by gongduck | 2005-06-02 20:40 | 韓国 여기저기

江原道 束草 ウンソの家

「가울 동화【秋の童話】」

韓流ブームとかいう言葉がまだない頃、
多分、日本で公開された韓国ドラマの最初なんじゃないだろうか。

本当のところは見てないので知りません。
(ムン・グニョンのところだけ見たけど。。。。)

勉強を初めて一年くらいたったとき、見ておきたい遺跡があって一人束草に行った。
観光案内所で遺跡への行き方を聞くと、途中にあるからと教えられて行ってみた。
b0054886_1734993.jpg
ヒロインが育った貧しい漁村の家。

感想は特にないです。。。


束草からは北朝鮮の金剛山ツアーの船が出ていて、そっちの方に惹かれます。。。
鬱陵島へも船があって、いつか行ってみるつもり。

青草湖は多分砂洲が発達してできたラグーン湖だと思う。
その河口部分にケッペという人力の渡し船がありました。
渡されたワイヤーを船の進行方向とは逆に引っ張って対岸に渡るんですが、
乗り合わせた韓国人カメラサークルの男の子と二人、
反対方向に引っ張って恥ずかしい思いをしました。
b0054886_17455416.jpg

[PR]
by gongduck | 2005-06-02 02:27 | 韓国 여기저기

北朝鮮を望む

b0054886_12115947.jpg見学出入証
多分、「颱風」展望台
今度、調査に行く遺跡のすぐ北にある
よく兵隊さんが演習やってるのを見かける

初めてこの遺跡に行ったとき、ど田舎を走る列車なのに
やたらとうら若い女性が多いのが疑問だった
駅に着くとその疑問は晴れた

駅には、彼女たちを迎える軍人さんで一杯だった
兵役中の彼氏に会いに行く人たちだった

いくつかある北朝鮮を望む展望台のうち、一番北に近い展望台
本来休戦ラインを挟んで2kmずつのはずの非武装地帯だけど、
ある日北朝鮮が1km前進して見張り台を設けたので韓国側もそうしたとか。。。
もちろん韓国側の話

外国でパスポートを預かられるというのは緊張する
b0054886_12161827.jpg
川向こうが北朝鮮
日付を消してるのは。。。
[PR]
by gongduck | 2005-03-05 12:16 | 韓国 여기저기

鞆の浦

朝鮮通信使紀行 その2 

通信使の宿舎となった対潮楼(福禅寺)にお邪魔しました。
b0054886_1405616.jpg

第8回通信使従事官 李邦彦が「日東第一形勝」と賞賛した景色。
台風一過、風の強い日でした。
住職のおじいちゃん、ちゃんとお勤めできてるのか心配です。

大可島城跡
鞆城跡に建つ歴史民俗資料館
阿弥陀寺
安国寺
いろは丸展示館
保命酒岡本亀太郎本店さんにお邪魔しました。
狭いところに驚くほど見るものが残ってた。

医王寺より鞆港を望む
b0054886_1412234.jpg



通信使紀行 その1

[PR]
by gongduck | 2004-11-04 13:05 | 朝鮮通信使と耳塚project