かりんとうblog

タグ:旅 ( 59 ) タグの人気記事

南京空港

いわゆる江南の地
水稲耕作の田んぼが広がり、所々に溜め池や運河らしきものが見える。

b0054886_20301499.jpg

大陸の乾燥したイメージとは異なり、江南は気温も湿度も高い。
しかも空気が悪い。
着いて2、3日は、くしゃみが止らなかったり、目が痛かったりした。
特に南京は、黄砂というより光化学スモッグなんじゃないか。

b0054886_20342355.jpgb0054886_20395670.jpg

ここでもサムソンのanycalが頑張ってました。
[PR]
by gongduck | 2005-09-28 12:44 | 05江蘇省 火山灰の旅

中国東方航空

b0054886_20222856.jpg







関空にて

実は十数年前、天安門事件から半年ほど経った頃
祖父の旅行に付いて中国に行ったことがある。
時期が時期だけに随分と安かったらしい。
乗った飛行機が新幹線より小さいんじゃないかと感じたことを覚えている。
今回も、「え? あれで行くの?」と隣りの香港行きの機体と比べて悲しかった。
ただ、ほぼ貸切り状態だった以前に比べて客席はそこそこ埋まってた。
やっぱり中国人ばかりだったけど。


機内食は、「ご飯にしますか? 焼きソバにしますか?」と聞かれて
もちろん焼きソバを選んだら、これがまた。。。


b0054886_20245637.jpg

帰りはきっとご飯にしようと心に誓いました。
[PR]
by gongduck | 2005-09-27 20:25 | 05江蘇省 火山灰の旅

那智熊野  飛龍神社と那智の滝

b0054886_092514.jpg  飛龍(ひろう)神社と読む
  熊野那智大社の別宮


  ご神体は那智の滝で
  大己貴命とされる


b0054886_0301063.jpg







  巨石・山などを対象とする自然信仰
  死霊・祖霊の集まる甘南備信仰
  プロト神道とも呼ぶべきものがあり
  仏教伝来以降の神仏習合と修験道の発達 
 
  そして明治に入っての神仏分離と
  人工的国家神道の誕生

  時折生じる違和感の根源はここにある
[PR]
by gongduck | 2005-08-21 00:27 | 日本の旅

   紀宝町 ウミガメ公園の朝日


 いつの間にか熊野川を渡り、三重県に入ってしまってた

b0054886_13455637.jpg

[PR]
by gongduck | 2005-08-20 13:45 | 日本の旅

安東仮面劇

탈춤【タルチュム】と呼ばれる仮面劇
安東河回マウルに行ったときのもの

b0054886_8431681.jpgb0054886_8432793.jpg

夏休みというのもあるが、家族連れで一杯。
席がなくとも地べたに座って観てる。

マイクは付けていても、狂言のような言い回しなのか僕ら外国人には意味が聞き取れない。
きっと子どもたちもそうなんじゃないか。
だけど、皆引き付けられたように、その仕草ひとつひとつに会場が沸く。

登場するのは両班(貴族)、役人、僧侶、老婆、酔っ払い、若い娘。
儒教的な建前は他所に置いた、庶民の可笑しさが
言葉は分からなくとも、その仕草から伝わってくる。

b0054886_843293.jpg

きっと公演は毎日何度も繰り返されてると思う。
でも観客の、特に子どもたちの反応を見れば、
そして終わった後の役者さんたちの汗だくになった嬉しそうな顔を見れば、
彼らが手なんか抜かないプロだってことは分かる。

いい仕事を目にするのは気持ちいい。
[PR]
by gongduck | 2005-07-13 00:42 | 韓国 여기저기

仁川国際空港にて

もう20分ほどで搭乗手続き。

今回は、仁川から直接大田へ出て、儒城の忠南大学で先輩と合流。公州泊。
二日目、牙山の高麗大が発掘中の葛梅里遺跡を見学し、
扶余にて現場、博物館各所を見学。公州泊。
三日目、公州で武寧王陵と新しくなった博物館を見てから、釜山で後輩と合流。金海泊。
四日目、金海空港で先生一行と合流後、金海貝塚の現場を見て、
金海博の館長さんに挨拶後、昌寧に向かい飛鳳里の現場を見学。 
いや、いいもの見せていただきました。慶州泊。
五日目、慶州にて現場、博物館など各所を見学。
六日目、先生一行は金海へ。石窟庵と仏国寺だけ見て、高速バスでソウルへ。ソウル泊。
七日目、帰国。しかも授業に出るか。。。



以下、研究室にて

しかし、     今日は月曜日。。。


夜間に授業が待ってるのは火曜日でした。
関空からはるかに乗って直で教室に向かうと誰もいませんでした。   焦りました。

ほんの時差ボケです。
[PR]
by gongduck | 2005-06-13 12:55 | 日々のこと

いざ!!    準備です。。。

明日、いや今日出発です。
朝、5時半のMKスカイシャトルで関空へ。


そんで今から準備です。。。


一週間ほぼ移動なんで着替えも用意しないと、、、

洗濯しとけばよかった。。。
ゴミも捨てとけばよかった。。。
お金もおろしとかないといけなかった。。。
まだウリウネンに残ってたっけかな?
Nikon持って行くけど、フィルムがない。。。

もう全く海外という感覚じゃないんだよな。
去年一ヶ月いたとき、
パスポートの存在を思い出したのが、仁川空港に向かう帰りバスの中だった。。。
どこに入ってるか全く記憶になくて、蒼ざめました。
空港に着くやいなや荷物をひっくり返しました。


アホです。
[PR]
by gongduck | 2005-06-07 00:05 | 日々のこと

慶州 玉山書院の空



b0054886_14573994.jpg

玉山書院
[PR]
by gongduck | 2005-06-05 21:55 | 韓国 여기저기

慶州 玉山書院 独楽堂

16世紀李朝の儒者李晦彦の建てた玉山書院の独楽堂。

こじんまりした建物が並び、それぞれの角度が絵になる空間。

b0054886_14311761.jpg

史学科の教授、院生、学生で行く3泊4日の定期踏査のもの。
見学旅行と言った方がいいかな。
2時、3時、5時と日ごと就寝時間が遅くなっていく旅。
自然とお酒にも強くなる旅。
日本語の通じる環境でないので、いやでも語学力の伸びる旅。

靖国参拝や歴史観の話にもなった。
と言っても、僕は昨今の日本社会の中でマジョリティではない。
楽な世の中ではないけど、理性的に生きることの代償だとも思っている。

面倒なのが、自分とは異なるものであっても、小泉さんの立場だとか日本にある考え方を
自分の考えとは別にまず説明しなければいけないこと。
むしろ自分の話までたどり着けなかった。。。
話ができたという点では、彼らが史学科の学生だったことに随分助けられた。

帰国する際にも集まってくれたし、9月資料集めに行ったときも迎えてくれた。
もっと僕に語学力があって、ズボラな性格でなければ、cyworldに書き込むんですけど。。。
ごめんよ。

b0054886_14482597.jpg

見学客は史学科一行と、一組の新婚夫婦。
谷間に佇む玉山書院。

b0054886_14495364.jpg敬愛する河先生。

写真は史学科の女の子がNikon FM2で撮ったもの。
絞りを開けたいい写真を撮る。

語学堂の歴史班の授業にあまりに不満で、
少し失望しかけていた。

杞憂でした。

授業は慶尚道訛りで聞き取りにくくもあったんですが、
留学して本当によかったと思える出会いです。
[PR]
by gongduck | 2005-06-05 20:19 | 韓国 여기저기

山菜ビビンバ

五色で食べた山菜ビビンバ。
b0054886_0241571.jpg

下宿のおばさんお勧めの山菜ビビンバ。
並ぶ반찬【パンチャン】(おかず)も何かの根っ子とか変わってました。
すみません。思い出せませぬ。
手前に山葡萄の食膳酒が。

そして右上に切れてますが,
감자전【カムジャジョン】(ジャガイモのちぢみ)に感動しました。
ふわふわして、これ以降ソウルに帰ってもドンドン酒のお供はカムジャジョン。
作り方を教わってます。

さすがはジャガイモの産地、江原道。
[PR]
by gongduck | 2005-06-04 02:20 | 먹거리 食いもん