かりんとうblog

鞆の浦

朝鮮通信使紀行 その2 

通信使の宿舎となった対潮楼(福禅寺)にお邪魔しました。
b0054886_1405616.jpg

第8回通信使従事官 李邦彦が「日東第一形勝」と賞賛した景色。
台風一過、風の強い日でした。
住職のおじいちゃん、ちゃんとお勤めできてるのか心配です。

大可島城跡
鞆城跡に建つ歴史民俗資料館
阿弥陀寺
安国寺
いろは丸展示館
保命酒岡本亀太郎本店さんにお邪魔しました。
狭いところに驚くほど見るものが残ってた。

医王寺より鞆港を望む
b0054886_1412234.jpg



通信使紀行 その1

[PR]
# by gongduck | 2004-11-04 13:05 | 朝鮮通信使と耳塚project

       
                    김춘수
내가 그의 이름을 불러주기 전에는
그는 다만
하나의 몸짓에 지나지 않았다.

내가 그의 이름을 불러 주었을 때
그는 나에게로 와서
꽃이 되었다.

내가 그의 이름을 불러 준 것처럼
나의 이 빗깔과 향기에 알맞는
누가 나의 이름을 불러다오.
그에게로 가서 나도
그의 꽃이 되고 싶다.

우리들은 모두
무엇이 되고 싶다.
너는 나에게 나는 너에게
잊혀지지 않는 하나의 눈짓이 되고 싶다.
b0054886_13173266.jpg

     
           金春洙

君の名を口にするまでは
君はただ
ひとりの人にすぎなかった

君の名を呼んだとき
君は僕の中で
花になった

僕が君の名を呼ぶように
この色と匂いに合った
僕の名前を呼んで欲しい
君の中で僕も
花になりたい

僕らはみな
何かになりたいのだ
君は僕の 僕は君の
かけがえのないひとりになりたいのだ

-------------------------------------------------------------

김춘수(金春洙)という詩人の『花』という詩
僕なりに訳してみた
かなりの意訳
だってそのまま訳しても伝わらない気がするから
翻訳ってもう一度作り直す作業なんだと思う


写真は韓国 扶余 宮南池 百済滅亡の都
[PR]
# by gongduck | 2004-11-02 23:09 | 韓国詩

耳(鼻)塚

朝鮮通信使紀行 その1

まずは京都豊国神社前にある耳(鼻)塚b0054886_13531997.jpg

文禄・慶長の役(壬辰・丁酉の倭乱)、いわゆる秀吉の朝鮮出兵時に
日本の武将たちが首級の替わりに耳や鼻をそぎ落としてものを供養したもの。
それだけではないらしいけども、わざわざそぎ落としてきておいての
供養という日本人の死者の扱いを考えるのも面白い。

いまだ語り継がれる秀吉の蛮行の跡を見に来たのだろうか、
僕が訪れたときも、韓国語の旅行誌を持った韓国人が数人いた。
おそらくそこまで気付くことはないだろうけど、
彼らはこの供養というものをどう感じるのだろう。

そして塚を囲む石柱
b0054886_13535488.jpg














東京 松本幸四郎とある。

続いて
b0054886_13284915.jpg


















三代目竹本越路大夫
(人形浄瑠璃・明治)

他にもどこかで聞き覚えのある芸能者たちが、何代何々と並ぶ。
当時の芸能者たちは何故耳塚に寄進したのか。
彼らと朝鮮との関係は?
まだまだ分かっていない日本と韓国の縁。
[PR]
# by gongduck | 2004-11-02 17:40 | 朝鮮通信使と耳塚project

TA

月曜はTAの日。
自分がTAとして関わるようになって初めて、この授業の意味が分かった。。。
あの頃の僕も今の一回生たちも何故こんなことしてるのか分からず、
ただ発表を形にしようと必死なだけ。
先生たちもこの演習がすべての学生のためになるとは思ってないらしい。

こうやって自分で見つけて分かって行く。
後であれがそうだったのかと気付く。
えらく遠回りさせられたなぁと先生を学校を恨みそうにもなるけど、
考えるとこれがうちの校風でもある。
うちの専攻の色でもあり、研究室の色でもある。上の世代の人らを見てもそう思う。

伝統が継承されないという伝統

実はうちの学校のラグビーのカラーでもあった。
監督を置かないせいもあるけど、
その年々のカリスマや選手たち自身がその都度最善のチームを作り上げていく。

こんな僕は四回生時の花園で産まれて初めての愛校心に燃えた。
選手を、自分を矯めることのない自由      結構しんどいけどね。。。


田辺はもう紅葉が始まっていた。   カメラ忘れた。。。
[PR]
# by gongduck | 2004-11-01 22:02 | 日々のこと

나의 사랑하는 생활

나의 사랑하는 생활

난 남을 행복하게 할 수 없어도 남을 상처 입히지 않게 살아갈 수 있다면 좋겠다.

난 일요일 아침 비둘기 소리 들으며 일어나는 걸 좋아한다.
그래도 흐린 오후 비둘기 소리를 들으면 잠이 온다.
난 비가 오는 아침에 기차 소리를 멀게 듣는 것을 좋아한다.
겨울 늦은 밤 소리 없이 눈 오는 소리를 듣는 것도 좋아한다.
난 차임 소리가 난 후에 또 한번 거꾸로 오르기 하는 걸 좋아한다.
수학수업 중 음악실에서 들려오는 노래를 좋아한다.
난 좋아하는 사람의 콧노래도 좋아한다.
국제 전화 하면서 서로 말이 없는 시간도 좋아한다.
난 그 사람의 잠숨을 들으면서 자버릴 수 있다면 행복하다.

난 동동주 항아리를 휘젓는 것을 좋아한다.
b0054886_2195124.jpg

젓가락으로 김치 찢기를 좋아한다.
쌈장을 바르고 손으로 먹는 오이도 맛있다.
방석 없이 돗자리에 앉으면 기분이 좋다.
그리고 다음날 아침에 마시는 차가운 물이 상쾌하다.
난 배영을 할때 물이 내 얼굴을 살짝 어루만지는 걸 좋아한다.
턴할 때 벽을 힘껏 차는 것도 좋아한다.
수영장에서 돌아오면 눈꺼풀이 무거워서 밥 먹자마자 자 버린다.
햇볕에 탄 피부를 벗기는 걸 좋아한다.
난 겨울에 목도리를 좋아한다. 차가운 귓불을 만지는 걸 좋아한다.
밤에 그 사람 손의 따뜻함을 느끼기 좋아한다.

난 여름의 천둥이 오기 전의 냄새를 좋아한다.
수영장에 갔다 온 머리칼 냄새도 좋아한다.
생일 케이크의 촛불을 불어끈 냄새도 좋아한다.
선향불꽃을 하면 여름이 끝날 느낌이 난다.
난 낙엽이 바스락거리는 향기를 좋아한다.
첫 눈이 올때 나오는 냄새를 좋아한다.
집에 있는 고교시절 썼던 럭비 스파이크 냄새를 좋아한다.
풍로로 구운 생선 냄새를 좋아한다.
도서관에서 밤 늦게 공부하다가 집으로 돌아가는 길에 포장마차에세 나오는 냄새가 맛있겠다.
추운 아침의 포근한 햇발 냄새를 좋아한다.

난 남을 상처 입히지 않고 한 사람을 사랑할 수 있다면 좋겠다.


語学堂の文学の授業で作った詩
피천득(皮千得) という詩人の詩(題名同じ)をモチーフに作ったもの
他にやることもあり、語学堂がつまらなくなってた時期に
この授業だけが楽しみで通ってた
そのうち日本語訳でもつけるかな

その1 その2
[PR]
# by gongduck | 2004-11-01 10:58 | 韓国詩

日本で人気の右翼作家?


9月に3週間ほど資料集めに韓国に行ってきた。
大学の博物館でバイトしてる史学科の学生(男・軍隊帰り)に
妙な?ことを聞かれた。

「日本で今、右翼の歴史作家が人気があるんだってね。」

韓国の新聞ではそれなりに日本についての記事を目にする。
それだけ意識しているということだろうが、
各新聞社によって日本を見る視点がそれぞれ違って面白い。
そして当然メディアを介して入ってくる情報には限りがあり、
そこで語られていく日本像は、日本人、そして日本を知る韓国人には
時に滑稽に見えることが多い。
日本での韓国像も同じこと。

話を戻して、その右翼作家が誰かというと司馬遼太郎である。
思わず苦笑いしつつ、唸ってしまった。

右翼作家としての司馬遼太郎

日清、日露戦争をどう見るかによっては司馬史観の克服という話もあるが、
韓国人の持ってしまう日本像の典型を見た気がした。

日本で屈指の歴史小説家としての司馬遼太郎。
そして今日本でもっとも注目されている彼の作品として『坂の上の雲』が
取り上げられたのだろう。
他の作品や司馬さん全体の歴史観は顧みられることなく、彼は右翼作家となる。

ま、入る情報にも限りがあるし、やたらと『坂の上の雲』だけを持ち上げ、
司馬さんの日清・日露戦争観で太平洋戦争まで突っ走る性質の悪い日本人もいるし。

  b0054886_22164321.jpg
っていうか、韓国人の言う日本の右翼って何なんだろ?
韓国人の愛国
左翼?右翼?反共?親美?反美?親日?反日?反民族?
ややこしい。。。
ちなみに司馬遼太郎のことを聞いてきた彼には、
映画化される『亡国のイージス』についても聞かれた。





口だけの愛国ではなく、
いまこそ行動に移そう
独島(日本名:竹島)本部会員になれば、
私がまさしく愛国者
(仁寺洞裏の独島本部?)
[PR]
# by gongduck | 2004-10-31 21:02 | 韓国のこと日本のこと

イラクでの邦人殺害について

今、僕の部屋にはテレビがない。
韓国で去年一年間テレビなしで過せたこともあり、
今年は専念しなければいけないこともありで、
実家に置いてきた。
香田さんのニュースもネットから知った。
テレビから得る情報と違い、新聞やネットからの情報は
どこかで覚めた目で受け取っているところがある。
テレビには人が直接語りかけてくる強みもあるのだろうが、
ついその情報を素直に受け入れていた自分に最近気付いた。

今回、自己責任論や反日分子騒ぎはなかったのだろうか?
前回の諸外国からの思わぬ反応に自粛されたのかな。
今の日本社会の風潮をなしにしても、自己責任論には一分の正しさはあると思う。
一方で、その言葉が当たり前に口にされ、
ましては政治家たちの口から出てくることが寂しくてならない。
今回、小泉さんや日本政府はやれることをすべてやったのだろうか?

国益という誰が定義するのかよく分からないものがあって、
もしそれが小泉さんや一部政治家たちの言うものであるなら、
僕も場合によっては反日分子に分類されてしまうと思う。
そんなことを想像したとき、ふと寂しくなってしまう。
日本って国は何なんだろう。
僕だって日本人で、日本人である限り自分の国は好きだし、
だからって日本のやってきたことが、
やってることが全て正しいということにはならない。
今、そう考えてるうちは日本人扱いされなかったりして。。。。
[PR]
# by gongduck | 2004-10-31 20:37 | 韓国のこと日本のこと

田舎もんの愚痴

b0054886_13515578.jpg 
韓国慶州は南山


ひょんなことからお隣韓国に留学してきました。
どうも人間変わってしまったみたい。
いや変わってしまったのは自分が一番よく分かってる。
そして気付いてしまうというのは結構辛い。
minorityでいるには強さが必要。
でもそんな強さは僕にはない。
[PR]
# by gongduck | 2004-10-30 13:03 | 韓国のこと日本のこと