かりんとうblog

カテゴリ:먹거리 食いもん( 26 )

도토리묵【トトリムッ】

夏に華厳寺で買ってきたドングリ粉でやってみました。 やっと。
(※注 カレーじゃないっすよ。)

b0054886_20263815.jpgb0054886_20263823.jpg


韓国でときどきパンチャンやら、民俗酒店で出て来るドングリ豆腐です。
ゴマ豆腐に似てるけど、ゴマ豆腐と思って食べると美味しくないかもです。
それはそれ。これはこれ。
この素朴な味とピリ辛なタレがマッコリと合う。

粉は灰汁抜きしたのを買ってきました。
この灰汁抜きの作業が大変らしいけど、そう言えば季節になるとアジュンマたちが学校内でドングリ拾いしてた。
冷麺やマックッスの麺に混ぜたりもするらしい。

日本ではごく偶にドングリ団子を作る地域が残ってるくらい。
九州でいうと佐賀の一部にあるとか。
縄文時代なんかでは主食の一部だったんだろうけど、
いつからか飢饉食扱いされてきたため、イメージがあまりよろしくないとか。
民俗学の授業で耳にしたお話し。
考古でも縄文の研究者が韓国のドングリ処理の取材をしてる。確か水原の民俗村だったような。


水を加えて火にかけると15分ほどで糊のように固まってくる。
ごく弱火で30分ほどかき混ぜたら、トレイに移して常温で冷ます。
醤油、ゴマ、唐辛子粉、春菊、人参、胡瓜を和えてタレ。

繰り返すけど、食べて「旨い!」ってものじゃない。
韓国人や知ってる人が「おぉ!」って喜んでくれるもの。(!マークは大袈裟。。。)
わかっちゃいるけど、反応が微妙なのは悲しい。。。
[PR]
by gongduck | 2007-01-04 20:26 | 먹거리 食いもん

낙지전걸【ナクチチョンゴル】

b0054886_2164232.jpg

漢陽大学校安山キャンパス前のタコ屋さん?

生きた足長ダコを鍋にぶち込む
写真はのた打ち回っているところ
まだ煮え切らないうちが柔らかくて、でも歯ごたえもあって旨い
[PR]
by gongduck | 2006-05-05 20:25 | 먹거리 食いもん

西陣 円亭

b0054886_19472962.jpgb0054886_19473988.jpg
円亭の美味しいものふたつ

左がふぐのから揚げ。円亭の定番です。
そんで右が鯨の内臓。
最初コプチャン(豚の腸、ホルモンみたいなもんか?)かと思ってたら、大将に怒られた。
[PR]
by gongduck | 2006-03-03 19:51 | 먹거리 食いもん

じゃが芋のポタージュ

b0054886_22183130.jpg

帰省しております

家でのんびりとはいかない家で。
本日も朝から働かされております。


晩ご飯のおかずに一品、この前も好評だった、じゃが芋のポタージュ。

手頃な量ってのが難しい。
[PR]
by gongduck | 2005-12-30 11:18 | 먹거리 食いもん

補身湯

ハードな調査だったにも関わらず、何とかやっていけてるのはこのおかげ。
以前にも一度触れたことはあるけど、今回のは抜群に旨かった。

b0054886_19423694.jpgまずは付けタレ作り。
葱、エゴマ、コチュジャン、芥子にゴマ油と酢を加えて混ぜる。
수육【スユック】はこれで食す。(右下の写真)
수육【スユック】とは韮、葱、ヨモギを敷いて(臭い消し)
肉を蒸したもの。

ここのは皮と皮下脂肪と肉が層になってるのが分かる。

b0054886_1947562.jpgb0054886_19512555.jpg
国境近くのこの地域は軍隊の駐屯地が多く、
この地域のお犬様は、兵隊の残り物をもらって食べてるらしい。
嘘か本当か知らないが、お犬様の血肉は人間のそれに非常に近いらしく
病人の栄養補給には最適だそうだ。
その上に人間と同じものを食べてるから、なお更ここのお犬様は旨いとのこと。
どおりでなるほどです。

締めは湯【タン】
b0054886_19461853.jpg

この日は久し振りのマッコリだった。
[PR]
by gongduck | 2005-12-10 23:40 | 먹거리 食いもん

金壇 王府飯店のザリガニ

b0054886_16414253.jpg
南京博物院考古研究所の張敏先生を迎え
ちょっといい店へ。
何か、店のレベルによってお姉さんの容姿が
露骨に違う気がする。

今回の一番は南京夫子廟の貴賓楼。
食べてる傍で歌を歌ってくれたり
楽器を演奏してくれる。


話が逸れました。
美人蛙に続いて、少しお高くて、ちょいと一般的でない食いもんシリーズです。
茹で上がっているのでアメリカザリガニなのか、ニホンザリガニなのか、
ハタマタ日本には棲息していない中国のザリガニなのか不明です。


b0054886_164142.jpg薄いビニールの手袋して食べます。 
熱いし破れます。
海老よりも殻が固く身も少ないですが、
コリコリと歯ごたえのある食感。
なかなか海老のように尻尾や足まで
かじるわけにはいきません。
ひたすらに真っ赤ですが、実はカレー風味です。
臭み消しかもしれません。
立て続けに数匹食べないと
手袋を外すと速攻で片付けられます。
得意のボディランゲージで追加の手袋を頼むと
お絞りを持ってこられます。
しっかり手袋をはめる仕草が必要です。
[PR]
by gongduck | 2005-09-28 16:51 | 먹거리 食いもん

美人蛙

b0054886_12544312.jpg後で伝票を見てみると
本当に美人蛙というメニューだった

金壇の如家ホテルのレストランメニュー
ある日、今日は厨房のガスが使えないとか言って
急遽、外に食べに出たりもした

子どもの頃アウトドアな生活に憧れて、
近所の池からウシガエルを捕まえてきたはいいものの
結局殺せなくて逃がしたことがある

多分、念願の初蛙になると思う
初めてがこんな美人なんて幸せもんです

 追加

          伝票

b0054886_207383.jpg










よく見ると10も頼んでる。
しかも単価は一番高かったらしい。


[PR]
by gongduck | 2005-09-27 12:54 | 먹거리 食いもん

森浩一の食った記録


b0054886_20531021.jpg喜寿記念パーティの裏方に対する報酬
今回、書店では売らないそうです。

22年間、一日三食、記録してきたらしい。
授業でもよく食べ物の話をしてはった。

単に何が旨いという話じゃなくて、
どこどこであれを食べたが、それは万葉集やら延喜式やら、
いついつの紀行文にも載ってるとか。

つい舌なめずりする池波正太郎の食いもん話とはまた違った
日本人に流れる食のDNAを感じさせる森先生の食いもん話。
いや先生の場合、食に対するヒトのDNAと言うべきか。
[PR]
by gongduck | 2005-07-28 20:57 | 먹거리 食いもん

慶州パン

迷惑ではないんだけど、もらってもそれほど嬉しくないお土産ってある。

その土地の名物なんだろうけど、
そこに行けばそのお土産なんだろうけど、
帰って食べても、もらって食べても、「ふ~ん」と微妙な反応しかできなかったりする。

これもそんなお菓子の一つ。

b0054886_23151775.jpg

二派あって、片や慶州パン、片や皇南パン。
どっちの方が旨いのか、またどっちが元祖なんかよく分からん。
買ってくか。と思ったときにどっちの店が近くにあるかくらいの勝負。

でも、さすがに出来たての熱々は美味しかった。
お土産にはしなかったけど。

b0054886_2325254.jpg

きっと土地の土産には、旨くないからといって
簡単には捨てられない積み重ねというものがあって、
それほど旨い味ではないんだけど、
変えてしまうと、一体どこの誰が残すねん。
という貧乏くじ引いたような意識もあるんかもしれん。
もちろん味じゃなくて、伝統が売りというのもあるんだろうけど。
[PR]
by gongduck | 2005-07-27 23:27 | 먹거리 食いもん

せっかくなんで、再び一蘭

b0054886_10534093.jpgb0054886_10542399.jpg







於 博多駅店

九州人にとってのラーメン

今さら僕が語るまでもないけど、ラーメンはラーメンなんだよな
他所ではとんこつラーメンと呼ばれ
壁にはそう書かれた札が、他の札と並んで掛けられているかもしれないけど
掛けられる札はただラーメンでいいんんです
せいぜい「並」「大」で、百歩譲って「チャーシュー麺」

ラーメンはラーメンなんです
[PR]
by gongduck | 2005-07-25 10:53 | 먹거리 食いもん