かりんとうblog

耳(鼻)塚

朝鮮通信使紀行 その1

まずは京都豊国神社前にある耳(鼻)塚b0054886_13531997.jpg

文禄・慶長の役(壬辰・丁酉の倭乱)、いわゆる秀吉の朝鮮出兵時に
日本の武将たちが首級の替わりに耳や鼻をそぎ落としてものを供養したもの。
それだけではないらしいけども、わざわざそぎ落としてきておいての
供養という日本人の死者の扱いを考えるのも面白い。

いまだ語り継がれる秀吉の蛮行の跡を見に来たのだろうか、
僕が訪れたときも、韓国語の旅行誌を持った韓国人が数人いた。
おそらくそこまで気付くことはないだろうけど、
彼らはこの供養というものをどう感じるのだろう。

そして塚を囲む石柱
b0054886_13535488.jpg














東京 松本幸四郎とある。

続いて
b0054886_13284915.jpg


















三代目竹本越路大夫
(人形浄瑠璃・明治)

他にもどこかで聞き覚えのある芸能者たちが、何代何々と並ぶ。
当時の芸能者たちは何故耳塚に寄進したのか。
彼らと朝鮮との関係は?
まだまだ分かっていない日本と韓国の縁。
[PR]
by gongduck | 2004-11-02 17:40 | 朝鮮通信使と耳塚project