かりんとうblog

도토리묵【トトリムッ】

夏に華厳寺で買ってきたドングリ粉でやってみました。 やっと。
(※注 カレーじゃないっすよ。)

b0054886_20263815.jpgb0054886_20263823.jpg


韓国でときどきパンチャンやら、民俗酒店で出て来るドングリ豆腐です。
ゴマ豆腐に似てるけど、ゴマ豆腐と思って食べると美味しくないかもです。
それはそれ。これはこれ。
この素朴な味とピリ辛なタレがマッコリと合う。

粉は灰汁抜きしたのを買ってきました。
この灰汁抜きの作業が大変らしいけど、そう言えば季節になるとアジュンマたちが学校内でドングリ拾いしてた。
冷麺やマックッスの麺に混ぜたりもするらしい。

日本ではごく偶にドングリ団子を作る地域が残ってるくらい。
九州でいうと佐賀の一部にあるとか。
縄文時代なんかでは主食の一部だったんだろうけど、
いつからか飢饉食扱いされてきたため、イメージがあまりよろしくないとか。
民俗学の授業で耳にしたお話し。
考古でも縄文の研究者が韓国のドングリ処理の取材をしてる。確か水原の民俗村だったような。


水を加えて火にかけると15分ほどで糊のように固まってくる。
ごく弱火で30分ほどかき混ぜたら、トレイに移して常温で冷ます。
醤油、ゴマ、唐辛子粉、春菊、人参、胡瓜を和えてタレ。

繰り返すけど、食べて「旨い!」ってものじゃない。
韓国人や知ってる人が「おぉ!」って喜んでくれるもの。(!マークは大袈裟。。。)
わかっちゃいるけど、反応が微妙なのは悲しい。。。
[PR]
by gongduck | 2007-01-04 20:26 | 먹거리 食いもん