かりんとうblog

京都 イノダコーヒ

京都にはコーヒー屋さんが多い。
喫茶店ではなく、コーヒーの店。

久し振りに入ってみた。
以前は三条支店に入ったので、今回やっと本店へ。
祝日なのもあって少し待ったが
いざ座ってみると、表で人が並んでいるのを忘れるほど居心地がいい。
そして何より紅茶党の僕でさえコーヒー、ここではコーヒが旨い。

b0054886_17273731.jpg

イノダコーヒを最初に知ったのは池波正太郎の
『散歩のとき何か食べたくなって』、もしくは『男の作法』だったと思う。
いや『日曜日の万年筆』だったかもしれない。
故高田渉氏からでなかったのはたしかだ。
池波正太郎は、エッセイでも小説の中でも旨いものを書く。
京都に関しても、覚えているだけでも
二条寺町の村上開新堂、千本の大市、三条寺町のサンボア等等

以前、大市の近所に住んでいたけど、とてもとても。。。
だけどいつか、コークスで真っ赤に焼いた土鍋とやらですっぽんを食してみたい
御一人様弐萬参千円也。

サンボアには学部時代、謝恩会が終わってスーツ姿のまま入ってみた。
同じゼミ仲間の女の子が終電で先に帰ったのだけど、
その娘を誰も駅まで送ろうとしなかったのをマスターにしかられたのを覚えてる。
[PR]
by gongduck | 2005-10-12 13:08 | 京都のこと