かりんとうblog

祖母の部屋から

母方の祖父を僕は知らない。
母が父と出会う前に亡くなっている。
それ以降、祖母は一人で暮らしてきた。
いや、僕が浪人してた一年間だけ、僕と祖母は二人暮らしだった。

b0054886_16522561.jpg

今、祖母は実家から15分のケアハウスにいる。
都市暮らしをしてきた祖母が、なかなか田舎の年寄りの中に溶け込めるわけもないが、
気の合う友人を持って楽しくやっている。
祖母には変わらない祖母の性格があって何とも可笑しい。

少しボケてきた祖母。
僕が誰だか分かるものの、僕と弟、おじさん、母との関係になると混乱する。
年寄りだけの暮らしだったら
最近流行りのオレオレ詐欺や悪質リフォームなんて防ぎようもないなと実感する。



有明海を挟んで天草を望む
右手前の森の向こうに見える島が、湯島(通称 談合島)が
島原・天草の乱時に、島原の農民と天草の農民が集まって談合したとされる島
天草四郎はこの島まで波の上を歩いて渡ったとか
小さい頃、
「むかしんバスの形ばしとる島があろうが」
と祖父に指差して聞かされた話
[PR]
by gongduck | 2005-06-27 17:02 | 日々のこと