かりんとうblog

諫見先生

今日は諫見先生の家にお線香をあげに行ってきた。
学部生のときに初めてお会いしたものの、
その頃は田舎に帰る気はなく、先生の話を苦笑いして聞いていた。

お会いしてみると祖父と昔からの知り合いだそうで、思わぬところに縁があった。

そして僕は今なんとかこっちに関わろうとしている。

世の中には不思議な縁があるもの。


体調を崩しているとは聞いていたけれど、そこまで悪いとは思いもしていなかった。
残り一年と宣告されて、いろいろとご自分で整理されていたとのこと。
49日の間、掛ける掛け軸まで先生が自分で決めていたとか。
[PR]
by gongduck | 2005-03-09 23:31 | 日々のこと